***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:レンボンガン島( 5 )

**レンボンガンアイランド・ビーチクラブ3**

e0028811_0342949.jpg


説明読みますか?
[PR]
by ngosrch | 2006-04-29 23:56 | レンボンガン島

**レンボンガンアイランド・ビーチクラブ2**

e0028811_21581227.jpgいい気持ちでお昼寝をしていましたが、よくばりな私。ビーチ・クラブでもアクティビティに参加してみたい。寝ているさんとすサンを起こし、ガイドさん付きのビレッジツアーに参加しました。Iサンは、そのままお昼寝のためお留守番。

最初に立ち寄ったのは、海藻の養殖場。
レンボンガン島は、土地が痩せていて作物が育ちにくいので、産業は漁業中心。
遠浅の海に海藻を育て、採集して、日干乾燥させます。
最初は、カラフルな緑色の海藻が、乾燥させると藁らのような色に変色します。「切干大根のような・・・」と言う例えの方がいいかな。(写真下左参照)
乾燥した海藻は、韓国や中国に輸出されるそうです。ガイドさんに「食用?」と聞いたところ、化粧品の材料になるそうです。
ミネラルいっぱいでお肌に良さそうですが、一体どのような化粧品に変身するのかしら。韓国の美肌美人は、レンボンガン島の海藻のおかげなのでしょうか???

海藻の採集も、乾燥場まで運搬もすべて手作業です。
皆さんいいお年の方ばかり。写真上の女性が長老のようです。愛煙家のようで加えタバコでしたが、写真を撮る時は右手にタバコを持ちかえてくださったのです(笑)。



e0028811_22262982.jpg

[PR]
by ngosrch | 2006-04-11 22:31 | レンボンガン島

**レンボンガンアイランド・ビーチクラブ1**

e0028811_2128488.jpgランチは、シーフード&お肉のバーベキューと数種類のサラダとカットフルーツのビュッフェ。
ベノアハーバーから同行したシェフが目の前で焼いてくれます。
食べたい物だけお皿に乗せたので、見栄えはきれいではありませんが・・・。
味は、サテ、チュミチュミ(イカ)とサラダはOK。問題はビーフ。どうしてインドネシアの国産牛肉って噛んでも噛んでも硬いんだろう。

ビーチクラブは、綺麗なビーチ、プール、東屋、レストラン、バー、お土産屋などの施設が
コンパクトにまとまっています。
以前行ったロンボク島のギリ・アイルを観光地化したような雰囲気です。
食後の私は・・・・と言うと・・・・・・、
木陰のデッキチェアで読書をしていましたが、睡魔に襲われお昼寝でした。
もちろん、目指せ美白の私は、大きめサングラスに顔には厚手タオルが欠かせません。
e0028811_21443637.jpg
この日は天気に恵まれて、青い空と海、芝生や木々の緑がまぶしかったです。
[PR]
by ngosrch | 2006-04-10 22:14 | レンボンガン島

**バリハイ・クルーズ2**

私が参加したのは、「リーフクルーズ」。
同行のさんとすサンとさんとすサンの大学時代からの友人Iサンと
ありとあらゆるアクティビティーを楽しもうって欲張っていました。
一番楽しかったのは、ポントゥーン周辺でのスノーケリングでしょうか。
スノーケリングでもカラフルな珊瑚や魚に出会い海と一体化できてよかったですよ。
写真がないのが残念です。
さんとすサン達は、スキューバダイビングが楽しかったみたいです。
(小心者の私は、翌日の仕事にもし支障が出たら・・と考えダイビングは直前キャンセル。)
その他、セミサブマリン、海へ落ちるウォータースライド、バナナボートなどがありました。
そして私は、腹ごしらえのためレンボンカン島のバーベキューランチへ出かけました。
e0028811_20483749.jpg
レンボンガン島まではボートで5分くらいです。前方に見えるのがレンボンカン島です。
[PR]
by ngosrch | 2006-04-09 20:55 | レンボンガン島

**バリハイ・クルーズ1**

e0028811_23515548.jpgベノアハーバーからバリ島のお隣レンボンガン島へ、「バリハイⅡ」に乗ってクルージングに出かけました。
乗船後、モーニングティー&コーヒーとペストリーがサーブされます。
私と同じテーブルには、オランダからやって来たご夫妻が一緒だったのでバリ島滞在話で盛り上がりました。
船酔いしやすい私はこのご夫妻のおかげで何とか元気に過ごせました。
約1時間でレンボンガン島沖合いのポントゥーン(浮き桟橋)に到着です。
e0028811_0133648.jpg
写真左下:ポントゥーンに着く頃、パラセーリングがお出迎えします。←オプショナルで参加してねって意味かな?
写真右中:スキューバダイビングの説明。インストラクターは冗談を交えて日本語がお上手。笑ってしまった。
写真右下:レンボンカン島沖合いはエメラルドグリーン。とてもきれいです。

[PR]
by ngosrch | 2006-04-07 23:59 | レンボンガン島