***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:バリ島( 167 )

***アマンダリ4***

e0028811_1630584.jpg

確かヴィラは30棟ほどだったと思います。
敷地内にひとつの村落が形成されているようなたたずまいでした。
ヴィラの塀は高いので外部から干渉されず、プライベートがあります。
その高い門をくぐりヴィラの中に入ると、緑豊かな中庭が出迎え、まるで我が家のような感覚になりました。



小道の様子と思ったこと・・・
[PR]
by ngosrch | 2008-09-28 17:09 | バリ島

***アマンダリ3***

e0028811_2153083.jpg

一番下のお部屋のカテゴリーVillage Suiteとその上のカテゴリーValley Suiteの違いはお部屋からの眺めとのこと。
私が泊まったValley Suiteは、このような田園&渓谷風景を見ることが出来ました。
夜、目の前の田んぼでは、蛍が大きな明かりを放っていました。
近くまで飛んできた時は、大袈裟に言えば「火の玉」みたいで感激しました。


ベランダからの風景もよかったら・・・
[PR]
by ngosrch | 2008-09-27 22:13 | バリ島

***アマンダリ2***

e0028811_13161082.jpg

宿泊したのは、Valley suite。
1階建てと2階建てのビラがありますが、私は1階建ての方でした。
もともと、宿泊するなら1階建ての方がいいなと思っていたのでちょうど良かったです。
お部屋を散らかす前に撮影タイム。お部屋が広くてなかなか写真に納まりきれません。
この写真左右に大きなガラスの引き戸と日本の襖のような引き戸がありました。
襖絵が和風ぽくて素敵なんですが・・・写真にうまく表現できず残念。

そのほかの写真見ますか?
[PR]
by ngosrch | 2008-09-23 15:45 | バリ島

***アマンダリ1***

e0028811_23212425.jpg

最初の3泊は以前から恋焦がれていたアマンダリでした。
予約をした後に、2008年10月26日~2009年1月22 日からリノベーションのため一時的にクローズすることを知りました。
リノベーション後の新しいアマンダリに泊まってみたくなり、今回はアマンキラに変更しようかなと一瞬悩みましたが、リノベーション前のアマンダリに宿泊できることも何かの縁だわと思い、初志貫徹アマンダリのままに。
結論、アマンダリでよかった、アマンキラはまた次回の楽しみに取っておきましょう。
写真は、ちょっと重くて大き目サイズのルームキー。
アマンダリは獅子とエメラルドグリーンが象徴なのかしら。
獅子はエントランスやお庭に奉られていたし、エメラルドグリーンはプールサイドのパラソルやお部屋のパラソル、スリッパなどなどアマンダリ内で刺し色になっていたから・・・。
[PR]
by ngosrch | 2008-09-21 00:38 | バリ島

***バリ島より戻りました***

e0028811_7424169.jpg

比較的有給休暇が取り易く、旅に出かける環境に恵まれている私ですが、サラリーマンの身、毎回の贅沢旅行は禁物。
一年に一度だけ自分のご褒美としてちょっと贅沢に旅行をしたいとずっと思っています。
去年と一昨年はハワイに出かけて来ましたが、今年は3年ぶりの贅沢バリ島旅行を満喫してきました。

写真はGA889にて
[PR]
by ngosrch | 2008-09-20 08:20 | バリ島

***タナロット寺院1***

e0028811_11444.jpg

今晩(カレンダーは変わっていますが)の「世界!弾丸トラベラー」はバリ島でした。
番組ではウルワツ寺院の夕日が紹介されていたのでバリ島夕日つながりで
写真は7月に訪れたタナロット寺院のカフェから。
過去に数回タナロット寺院を訪れていますが、カフェで夕日を眺めたのは初めてでした。
優雅にビンタンビールを飲みながら太陽が海にとろけていく様な素晴らしいサンセットを眺めるのもなかなかいいものです。
[PR]
by ngosrch | 2008-09-07 00:13 | バリ島

***影武者***

e0028811_16191616.jpg

今月は週休一日続きで再び多忙気味。
今日は今週唯一のOFF、午前中はスーパー銭湯、現在は自宅でまったり中です。
チレボン話はまだまだ続きますが、今日はチレボンへ行く前に滞在したバリ島記事でも・・・。
e0028811_16334574.jpg以前TV番組「ポカポカ地球家族」で紹介されて気になっていたウブドの「影武者」さんを訪れてみました。アルマ・オン・ステージを観賞する前に腹ごしらえです。焼き鳥系を何本か食べた後のサラダうどん。さっぱりして美味しかったです。ビンタンビール空瓶と中途半端な量のビールが入ったグラスも一緒に。
e0028811_16335864.jpgママさんがお知り合いの方から預かっている猫がお膝の上に上がってきました。我が家でも猫を飼っているので何か感じたのかしら?
影武者
Jl.pengosekan, Ubud, Bali
phone: (0361) 973134
田んぼビューが目の前に。
どこか懐かしい気分です。

[PR]
by ngosrch | 2008-06-21 16:19 | バリ島

***竹1***

e0028811_2343237.jpg

以前「鉄は熱いうちに打て」と言っておきながら、記憶が薄れてしまった記事を更新です。
訪問したのは、今年お正月に両親と訪れたバリ島旅行にて。
「竹1」は、今回で2回目の訪問。前回はバリ島在住の友達に連れて行ったもらったランチ。
リーズナブルで美味しかった記憶があったので、日本食&シーフード好きの父のリクエストに応えての再訪問です。
偶然にもメガワティ元大統領のご主人(写真上左)が次期バリ州知事候補と会食中でした。
確かお鍋系のものを食べていたような気がします。こんなお偉い方々が個室ではなく普通のテーブルで会食していましたよ。
e0028811_23435189.jpg写真は注文したもののほんの一部。我が家は飲む方より食べる方です。特に父親の食べっぷりは豪快です。
ロブスターお造りは身がコリコリ、食べ終わった後は白味噌ベースのお味噌汁にしてもらいました。お出汁が良く出ていて美味しかったです。小ぶりだったので2匹オーダーしました。

e0028811_23462997.jpg母リクエストのエビフライ(名古屋人はエビフリャー好き?)。
ちなみに私はエビフライのお頭まで食べるのが大好きな人。
その他、お刺身盛り合わせ、蟹焼き、ヤリイカ姿焼き、大えび塩焼き、たこバター焼き、馬刺しなどを食べました。サービスでいただいた自家製カラスミがおいしかったのでお土産用に購入しました。
e0028811_23464142.jpg

TAKE RESTAURANT
Patih Jelantik
phone (0361)759745,759747
壁には訪れた芸能人やスポーツ選手の写真が飾ってあります。
ミーハーの私はしっかりチェック。
パドマホテル近くに竹2号店があります。


[PR]
by ngosrch | 2008-03-15 23:47 | バリ島

**アユン川ラフティング**

e0028811_1801616.jpg

ラフティングは、オーストラリア留学時代に経験したことがあるので今回で2度目。
その当時は、ラフティング=スポーツだったような気がします。
アユン川ラフティングは初心者向けのため、周囲の渓谷や岩の彫刻を楽しみながら少しだけスリルを味わってのお気楽気分でラフティングでした。(そうなんです、現在アユン川上流では職人さんが岩に素晴らしいラーマヤナ叙事詩を彫刻中です。)
ボート一台に先生(船頭さん?)一人が付きますが、立派なエンターテイナー。
歌を歌って笑わせたり、前後のボートにわざとぶつかって水を掛け合ったりと、楽しいの一言につきます。とは言え、急流や段差の時には先生が豹変。真剣な顔で力強く漕いでいました。ボートから落ちそうになった時に「気を付けて!」と言って私の腕をつかんだ表情は厳しかったです。
e0028811_181204.jpgラフティング中は写真はお預け。携帯電話のカメラしか持って行かなかったので写真上は以前ロイヤルピタマハでランチ中に撮影したもの。(ボートからの眺めもロイヤルピタマハだけが別世界でした)
ラフティング終了後は、アユン川を望みながらのインドネシア料理ビュッフェランチ。食欲はないので食べたいものをほんの少しだけ。ラフティング後の冷えた体には、ホットコーヒーが一番美味しく感じました。
実は、ラフティングより受付から川まで、川からシャワールームまでの階段昇降のほうが体力を消耗しました。その日の晩は足がガタガタ、翌日からひどい筋肉痛で苦しみました(泣)。
最後に・・・ラフティング途中立ち寄る休憩場所では村人が缶ジュースや缶ビールを笑顔で渡してくれますが、有料なので要注意です。
[PR]
by ngosrch | 2008-02-03 18:22 | バリ島

**ザ・カヤナ3**

e0028811_2026229.jpg

「鉄は熱いうちに打て」 記憶が定かなうちに更新です。
ザ・カヤナの敷地はあまり広くありません。うなぎの寝床のように間口が狭く奥行きがあります。
間口はちょうどフロントの写真プラス数メートルと思ってくださいね。写真(上)の小道両側に客室ビラ、レストラン、スパが立ち並んでいます。母は滞在2日目に敷地があまり広くないことに気づいたくらいで、圧迫感は感じませんでした。
e0028811_20264830.jpgこちらは、メインプールとレストラン。レストラン前にプールがありますが、私が滞在中、泳いでいるゲストはもちろんのこと日光浴をしているゲストも見かけませんでした。ここで水着姿になるのはちょっと勇気が要るかも。朝食やアフタヌーンティーをこちらのレストランで取りましたが、あまりいい写真がないためお食事紹介は割愛させていただきますね。
e0028811_20272024.jpgザ・カヤナのパッケージ(3泊)は、60分マッサージが付いていましたが2人分のみ。このマッサージは両親にプレゼントして、私は有料でシロダーラ30分とマッサージ60分がセットになった「Best of Ayurveda」を受けました。アユルヴェーダ初体験の私。トリートメント後、オイルをたらした「第三の目」辺りの肌は少しくぼんでいました。見てわかるような変化はないのですが、心が落ち着いたことは確かです。ホテル併設スパのわりに、リーズナブルな価格設定と力&心のこもった(?)マッサージが気に入りました。

3回にわたったザ・カヤナの紹介もこれでおしまい。
私にとっては、久しぶりのビラ体験、父は初めて、母は2度目の体験です。家族旅行の場合は、大型ホテルでの滞在を選択していましたが、たまにはビラでこじんまり過ごすのもいいですね。ただ、父親は、「人で賑わっているリゾートリゾートした雰囲気=バリ島のホテル」と思っている人なので、フロントがテーブル1つしかないこと、レストランやプールで宿泊客と会わないことなどを不思議がっていました。そう言う発見をしなくなった私は、父の発想が新鮮でした。
写真下はラフティング出発前に朝食を取っているngosrch両親登場です。
準備中から着席して、黙って見つめていて少し緊張気味ですね(笑)。
e0028811_20283012.jpge0028811_20275145.jpg

[PR]
by ngosrch | 2008-01-23 20:29 | バリ島