***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:ソウル( 11 )

**再びカンジャンケジャン**

e0028811_22231131.jpg

以前食べてハマってしまった、蟹の醤油漬けカンジャンケジャン。
これだけは外せなくて今回もカンジャンケジャンを食べに出かけました。
写真奥がカンジャンケジャン。写真手前が蟹のキムチ漬け、ケジャン。
卵と味噌がたっぷり入った甲羅に熱々の白いご飯を入れてかき混ぜまて、そのご飯を韓国海苔に巻いて食べるそうです。お店の女将さんが親切に食べ方を教えてくださいました。
わざわざ韓国料理を食べにソウルに行かなくてもここ日本でおいしい韓国料理が食べられるようになった昨今、でもまだおいしいカンジャンケジャンだけは日本でめぐり合わないな。
[PR]
by ngosrch | 2007-11-04 22:23 | ソウル

**まずはプルコギ**

e0028811_2133168.jpg

今回のソウル旅行は念入りな下調べもせず、ガイドブックも持って行かなかったのです。
ソウル通の同僚が、「ウエスティン朝鮮に美味しいブルコギ屋さんがあるよ」と言うので到着したらホテルで食べようと思っていました。チェックイン後早速レストランへ直行してみるとそれらしきレストランがない。コンセルジュに聞いたところ、すでにそのレストランはなくなったとのこと。
そこでコンセルジュにお勧め焼肉屋さんを教えてもらったのがここ。場所は南大門市場。(ネームカードは実家にあるので後日お店名は更新します。)
機内食には手を付けず、お腹を空かせてきたこともありますが、本当に美味しかった。
ご存知の通りプルコギさえ頼めば周りのおかずは付いてきます。私はケランチム(韓国風茶碗蒸し)とムルキムチ(水キムチ)が大好物。途半端な時間帯に訪れましたが、ほぼ満席でした。
[PR]
by ngosrch | 2007-11-03 21:48 | ソウル

**ウエスティン朝鮮2**

e0028811_21405265.jpg1階ロビーの様子。
お上品系韓国人や観光客を多く見かけました。再びローカルな話ですが、ウエスティンナゴヤキャッスルのような雰囲気です。

写真中2枚は、お部屋からの風景。
このウエスティン朝鮮は、斜め前に見えるロッテホテル(写真左の白い建物)よりはるかに低層でコンパクトな造り。しかし、ホテルで過ごしているとそんなことはぜんぜん感じませんでした。

写真を撮っていないためこのブログで紹介できませんが、クラブラウンジの話を・・・。朝食やカクテルサービス時は、しっかり通わせていただきました(笑)。特にカクテルサービスは、暖かい軽食もあり、アルコールも充実。チーズ好きの私は、チーズの豊富さにホクホクでした。ある日はラウンジで欲張りすぎてしまい、夕食を一度スキップしてしまいました。
e0028811_2140431.jpge0028811_21403788.jpg
e0028811_2143892.jpg最後に・・・、こちらも写真を撮っていないため写真紹介できず残念ですが、フィットネスセンター&サウナルームは高級感があってよかったです。会員制のため、利用者もそれなりの方が多く・・・。スタイルも良く、肌もきれいな肌色(白色ではなく肌色です)、女性と言うのはこのように外見も磨かなくてはいけないのねと参考にさせていただきました。(一応、私もスーパー銭湯愛好家なんですが・・・。)スーパー銭湯へ行く時にお風呂道具を「マイかご」に入れて持って行きますよね。会員のマダムは、その「マイかご」の中身も豪華でした。しっかりチェックしました。


THE WESTIN CHOSUN, SEOUL
ソウル市中区小公洞 87
仁川空港⇔ホテルはKALリムジンを利用しました。
南大門市場や明洞は、徒歩圏内です。



[PR]
by ngosrch | 2007-10-24 21:44 | ソウル

**ウエスティン朝鮮1**

e0028811_22172741.jpg

滞在したのは、ウエスティン朝鮮。
前回は、三成洞地区パークハイアットだったので、今回は買い物に便利な明洞地区にしました。
お部屋のカテゴリーは、エグゼクティブデラックスルーム。
広さは、36㎡。ついついバリ島のホテルとお部屋の広さを比べてしまいます。
決して広いとは思いませんが、部屋内がコンパクトにまとまって使い勝手がよかったです。

e0028811_22181559.jpgエグゼクティブデラックスルームは、私の好きなヘブンリーベッド仕様。好きと言いながら久しぶりのヘブンリーベッド体験でした。寝心地はまさに天国。ソウルから帰国後、大阪のマンションにヘブンリーベッド一式を購入したほどです。
写真のテレビですが、私はNHKしか観ていませんが、いろいろと活用出来るみたいです。
e0028811_22184159.jpgバスルームは、アヴェダのアメニティ。ティッシュペーパーが高級感のあるナフキン調だったりと品揃えも充実していました。造りもご覧の通り、御影石と鏡で重厚感がありました。
洒落た体重計がありましたが、しっかり食べていたので測るのが怖かったです(笑)。


[PR]
by ngosrch | 2007-10-16 22:20 | ソウル

**チャングムテーマパーク2**

e0028811_11343834.jpg

チャングムテーマパークは、あまり大きくないので1時間もあれば一周できると思います。
ローカルな話題で申し訳ないですが、長野県の「伊那谷道中」を思い出しました。
私は、ランチも兼ねてのんびり過ごしたので2時間くらいいたと思います。
韓国国内外問わず人気の番組だったのでしょうね。韓国人、日本人、中国人(台湾人かな?)などが訪れていました。      
e0028811_11521561.jpge0028811_11522990.jpg 










「チャングムの誓い」を観ていた方なら、セットを見てどのシーンかわかるのでしょうね。


こちらは、売店。従業員がランチ中でした。
とてもいい匂いがしたので匂いにそそられて何を食べているか覗いてしまいました。
[PR]
by ngosrch | 2007-10-14 11:40 | ソウル

**チャングムテーマパーク1**

e0028811_11325937.jpg
祝・ブログ復活。大阪の自宅でも本日よりインターネットができるようになりました。

写真は、今年5月に訪れたソウルにて。
「チャングムの誓い」にハマった同行者のリクエストで地下鉄とバスを乗り継いで
はるばるチャングムテーマパークに出かけてきました。
紐に結ばれた色和紙には、ここを訪れた人たちの願い事が書かれています。
私もしっかりお願いしてきました。今のところ大丈夫そうです。
e0028811_1133156.jpg

               この台に色和紙とボールペンが用意されています。
[PR]
by ngosrch | 2007-10-12 23:10 | ソウル

**サムギョッサル**

3日間のソウル旅行の目的はただ食べること。
「朝昼晩+夜食」って考えていましたが、
毎食ボリュームがあるお食事だから、3回食べるだけで精一杯でした。
食べたものは、スンドゥブ定食、焼肉、韓定食、カンジャンケジャン。
そして、旅の締めくくりの3日目のお昼は
まだ食べていない「サムギョッサル」か「参鶏湯」か??
ガツンと食べたかったので「サムギョッサル」にしました。
e0028811_1492642.jpge0028811_1493559.jpg









e0028811_1494963.jpge0028811_1495697.jpg








 三金(SAMKIM)三成洞店
TEL 5588-788
都心空港ターミナル前の横断歩道を渡り、しばらく進み左に曲がったところにあります。
サムギョッサル1人前W8,000
卵焼きW5,000 巨大卵焼きは、ごま油が効いて美味。
キムチは、無農薬栽培の食材を使い辛さもほどほどでこだわりの味。

[PR]
by ngosrch | 2005-11-06 14:11 | ソウル

**パークハイアットソウル2**

23階のPARK CLUB SPA。
午前中は、サウナで汗を流してお腹をすっきりさせていました。
サウナは、高温のスチームサウナ。
自称サウナ好きの私はサウナ室内の滞在時間は通常10分くらいですが、
ここでは5~6分が限界でした。汗がよく出ます。
サウナの後はチェアーに腰掛け、お肌のお手入れをしながらのんびり。
お部屋とスパのアメニティは、オーストラリア・メルボルンの自然派化粧品Aesopです。
e0028811_2344511.jpge0028811_23451767.jpg
[PR]
by ngosrch | 2005-11-05 23:44 | ソウル

**パークハイアットソウル1**

今年4月にオープンしたばかりのパークハイアットソウル。
大きなガラスと御影石のバスルーム、そして木目調フローリングが
クールだけど温かみのあるモダンな客室です。
必要な物はクローゼットや引き出しに収納され、すっきりまとまっています。
びっくりしたのは、ベッドルームもバスルームも総ガラスの窓。
外から丸見えなのでバスタイムはカーテンとブラインドを降ろします。
昼も夜も景色が楽しめます。日の出も見えました。e0028811_123747.jpg e0028811_1232193.jpg










PARK HYATT SEOUL
995-14 Daechi Dong, Gangnam-Gu,Seoul 135-502
phone 82-2-2016-1234
fax 82-2-2016-1200
仁川空港からリムジンバスにて都心空港ターミナルへ
COEXモールを通り、三成駅①・②出口を出たら目の前にあります。
帰国の際は、ハイアットのお車で都心空港ターミナルまで送迎あり。
ホテルスタッフのホスピタリティーがバリ島のホテル並みによかったです。

[PR]
by ngosrch | 2005-11-05 01:25 | ソウル

**カンジャンケジャン**

今月号の「Hanako」はソウル特集。
江南地区の紹介が多かったので、今回の旅程とぴったり。
カンジャンケジャンのお店特集ページは写真を見てるだけでよだれが出そうです。
この記事に引寄せられ、模範タクシーに乗って食べに出かけました。
とにかく、美味しい。期待を裏切らなかったです。
以前、「上海蟹の紹興酒漬け」を食べてあまりの美味しさに感激しましたが、
カンジャンケジャンはそれに匹敵します。
違いは、カニが渡り蟹、紹興酒の代わりに秘伝のタレ(みりんやお醤油ベース)。
タレに漬け込まれた卵や味噌、カニ身を食べていると笑いが止まらない。
「Hanako」ライターと同様、チュ-チュ-周りを気にせず吸い付いて無言で食べていました。
e0028811_238231.jpge0028811_2381018.jpg







                                   
                     
プロカンジャンケジャン
phone 548-4489
地下鉄7号線ハクドン駅とカンナムグチョン駅の中間、鶴洞路から一本中に入ったところ。
近くにエステ「オアシス」があります。
パッと見は、下町の食堂。「Hanako」掲載のお店と同名ですが、オーナー・場所が異なります。
カンジャンケジャン1人前W22,000を頼めば、おかずが付きます。

[PR]
by ngosrch | 2005-11-03 22:56 | ソウル