***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

<   2005年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

**ティーブレイク10**

12月3日(土) 5:00AM~5:55AM
FM AICHI(80.7MHz) 『名フィルへのお誘い』は、
インドネシア音楽旅行記なのです。
e0028811_2112483.jpg

クロボカンにて
[PR]
by ngosrch | 2005-11-29 21:13 | MSC

**ラトゥ・ボコ2**

ラトゥ・ボコからの風景。
見晴台から、遠くは活火山メラピ山、そしてプランバナンが見渡せます。
緑一色の中にそびえ立つプランバナンが印象的です。
日中はとても暑く避暑となる場所もないので
日が傾きかけた頃に訪れることをおすすめします。
レストランがあるので、お茶をしながら休憩してはいかがしょうか。
e0028811_14202333.jpg

[PR]
by ngosrch | 2005-11-27 14:20 | ジョグジャカルタ

**ラトゥ・ボコ1**

ボコ丘。
クラトンが、ジョグジャカルタとソロに別れる前の時代
クラトンが女性達を水遊びさせた場所です。
現在は、水遊び場所の形跡はなく、石造が残っているだけです。
鹿が放し飼いとなり、子供たちが遊んでいました。
ローマのフォロロマーノのミニサイズ版って感じでしょうか。
e0028811_21505790.jpge0028811_2151488.jpg









ジョグジャカルタ空港からプランバナン方面に車で15分、小高い丘の頂上です。
[PR]
by ngosrch | 2005-11-26 22:01 | ジョグジャカルタ

**HOUSE OF SAMPOERNA2**

SAMPOERNAは、インドネシアにしてはお洒落なロゴだと思う。
たばこメーカーとは結びつかない。
スラバヤ市内から、SAMPOENAに向かう道の左右の壁に
描かれる壁画も斬新的なデザインだし
博物館やカフェも、フレンチコロニアルっぽくて洗練されている。
会社のマーケティングが上手なんでしょうね。
弊社と比べてしまう・・・うらやましい・・・。
e0028811_22222784.jpge0028811_22223413.jpg








 写真左:たばこ工場・博物館のメインエントランス。創設者は林さんみたい。
写真右:カフェ(レストラン)。カフェと併設のギフトショップで売られている衣類はお洒落でリーズナブル。
[PR]
by ngosrch | 2005-11-24 22:29 | スラバヤ

**HOUSE OF SAMPOERNA1**

インドネシア人は愛煙家が多いから日本のように肩身の狭い思いをしなくてもいい。
以前、スラバヤ空港で歩きたばこのインドネシア人とすれ違ったこともあります。
これには、閉口しましたが・・・。
SAMPOERNAは、スラバヤ拠点のインドネシア第二のたばこメーカー。
たばこ工場に博物館、カフェ、ギフトショップを併設しています。
たばこ工場見学では、働いている人たちの素早い手つきに注目。
ビデオテープを早送りしているようです。e0028811_2246575.jpg
e0028811_22484673.jpg









たばこはひとつひとつ手作業です。
赤色と白色に分かれているのは、色で出来高制と時給制を分けているそうです。
(チーム対抗でたばこの生産量を競っていると思いました。)
[PR]
by ngosrch | 2005-11-23 22:46 | スラバヤ

**GWK**

Garuda Wisnu Kencana Cultural Park
一応テーマパークですが、まだ何もかも未完成なのです。
ガルーダヴィシュヌ像は、上半身のヴィシュヌ像が完成。
下半身のガルーダ部分は、この像の後ろ側で作られていました。
ローカルな話題ですが、聚楽園の大仏を思い出しました。
(大きくて威圧感がありますが特に歴史的な建造物ではないって事ね。)
GWKのおすすめポイントは、高台にあるので景色がいいことでしょうか。
緑豊かな景色と島のぐびれ部分がちゃんとわかります。
e0028811_23293146.jpge0028811_23294048.jpg









GWK
Jl.Uluwatu GWK Cultural Park Complex
Garuda Wisnu像。今後に期待。
像の隣に聖なる水が湧き出る場所があります。
写真の女性から聖なる水を汲んでもらい、額と胸に米粒を付け、清めてもらいました。
[PR]
by ngosrch | 2005-11-20 23:14 | バリ島

**アルマ美術館**

Agung Rai Museum of Arts
私が訪れた時、偶然にもアルマ財団のアグン・ライ氏にお会いできました。
気さくな方で絵画の説明から鑑賞後のお茶までアテンドしてくださいました。
アルマ美術館は、絵画の常設展以外に
施設を利用してバリ絵画・舞踊などの文化育成にも努めているとのこと。
単なる美術館を超えたアグン・ライ氏の活動に脱帽しました。
e0028811_22207.jpge0028811_2221188.jpg









ARMA
Jl.Pengosekan, Ubud
phone 0361-976659, fax 0361-974229
入場料 Rp20,000(Kafe ARMAでの飲み物付き)
午後は、地元の子ども達の舞踊レッスン風景にめぐり合えます。
右写真は、アグン・ライ氏。左写真は、ラデン・サレ「ジャワの貴族と妻の肖像」1837年

[PR]
by ngosrch | 2005-11-19 21:59 | バリ島

**ボロブドゥール1**

ボロブドゥールのサンライズツアーが好き。実はリピーターです。
たとえ早朝4時起きでも気にならない。
星空の下、車を走らせボロブドゥールへ。
暗い中階段を昇り、日の出が見える一番いい場所を確保する。
辺りが明るくなった頃、コーランが流れ太陽が雲の中から出てくる時
それは、とても幻想的な一瞬です。
e0028811_21541880.jpg

[PR]
by ngosrch | 2005-11-17 22:03 | ジョグジャカルタ

**ティーブレイク9**

本日の某新聞社運勢によると、私は「大吉」でした。
辛口コメントが多い中、今日は何かいいことがあると期待していましたが、
特に運に恵まれたこともなかったような気がする。
逆に携帯電話を忘れて不便な1日でした。
残りの3時間に期待しよう。
e0028811_2115430.jpg

ボロブドゥールにて
[PR]
by ngosrch | 2005-11-16 21:02 | MSC

**クラトン2**

王宮の南北両脇に広場があります。
私は、マリオボロ通りに近い北広場で車を降り、散策しながら王宮に入りました。
写真は、広場から見える王宮の外側。
確か写真の右側周辺が、1年に1度行われる「王宮馬車洗い」の会場です。
当日は、馬車洗いで使われる水を求めるため
ジョグジャカルタの人々でごった返しになります。
その水を飲んだり頭や顔にぬったりと、幸せにあやかるそうです。
私は、王妃のご自宅でおもてなしいただいたお茶とお菓子を残さずいただきました。
そして紙ナプキンを持ち帰り、今も大切にしています。
地元学生でいっぱいの写真は、ただ制服が珍しく写真を撮らせてもらいました。
こちらは王宮内にて。
e0028811_21595898.jpge0028811_220659.jpg
[PR]
by ngosrch | 2005-11-14 22:13 | ジョグジャカルタ