***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 03月 ( 15 )   > この月の画像一覧

**行ってきま~す**

明日はブログUPする時間がないと思うので一日早いですが・・・。
いつも出発前日にバタバタするので、本日前もってお土産を購入しました。
お決まりの「メリーズ・チョコレート」とシブめに「貝新のしぐれ」です。
ジャカルタでは、粗相のないように頑張ります。
e0028811_21441640.jpg
まだバリ島のホテル予約をしていません。
[PR]
by ngosrch | 2006-03-23 21:58 | MSC

**コーヒーブレイク2**

今日はひとりごと。
前代未聞のリクエストが受け入れられそうで、週末はバリ島、その後ジャカルタへ。
「どのホテルに泊まろう。どこのレストランで美味しいものを食べよう。」って
気分がそわそわしています。その前にやることだけはやらなくてはねっ。
(明日からは、仕事モードに戻ります)
写真は、インドネシアでもらった携帯電話、NOKIA6260。
今までは、日本で携帯電話をレンタルして持って行っていたので
紛失の心配や送着信通話にけっこうな料金がかかったりとhandyではありませんでした。
今回の渡航では、フル活用しそうです。まずは、リチャージしなくてはねっ。
e0028811_14562498.jpg


王JAPAN 世界一おめでとう!
この私も感動しました。
[PR]
by ngosrch | 2006-03-21 15:01 | MSC

**マルタ・ティラール**

お気に入りのスパ、マルタ・ティラール ヌサ・ドゥア店。
他のお店に浮気してトリートメントを受けては、
やっぱりマルタティラールが好き!って戻っていく私です。
おすすめは、ボディ・フェイシャル・クリームバスがセットになったパッケージA。
所要時間は、4時間30分~5時間。
まず、受付で問診表を記入して、簡単なカウンセリング後、コースを選びます。
お支払いを済ませたら、ボディのトリートメントルームへ。
ボディは、スクラブから始まり、スチームで汗を出し、マッサージ後、パックをして
シャワーで洗い流した後、ハーバルバスに入ります。
マッサージからパック終了までは、BGMに流れているエンヤの曲が子守唄となり
知らないうちに寝ています。
ボディーのトリートメント後は、フェイシャルのトリートメントルームへ。
クレンジング後、吸引、水分補給、マッサージ、パックです。
この間も、いつも睡魔に襲われ寝ています。
エンヤのBGMは流れていませんが、どうして寝てしまうのだろう??
それほど気持ちがいいのです。
最後は、クリームバス(インドネシア式の頭皮マッサージの意味)。
シャンプー後、デコルテから頭皮までをしっかりマッサージ。
私の場合、頭がスッキリして動作が機敏になります(笑)。
何がいいってエステシャンの教育がしっかりしているので、
安心してトリートメントができるところ。
私は日本でも外国でもエステシャンの素行をチェックしますが、ここはイライラしない。
耳元で囁くやさしい言葉遣いは、お姫様になった気分ですよ。
「XXX様」ってファーストネームで呼んでくれるのも、またいい気分。
もちろん、お肌はツルツル。乾燥肌の私は、しばらくは乾燥知らず。大満足です。
e0028811_19575668.jpge0028811_1958473.jpg









MARTHA TILAAR Nusa Dua
Jl. By Pass Ngurah Rai, Nusa Dua, Bali
phone:0361-777661  URL:www.marthatilaar-spa.com
日本語OK。日本人スタッフもいます。
営業時間:午前10時より午後10時まで
おもしろいコースでは、女性専用コースのケンデデス。ボディーのトリートメント後、女性のデリケート部分にスモークをあてます。私は、しばらく下着にスモークのにおいがつきました(笑)。果たして効果はあったのか???
話題性アリです。

[PR]
by ngosrch | 2006-03-19 20:10 | バリ島

**メリア・バリ・ビラ&スパ・リゾート1**

滞在したのは、2005年9月。
以前、キャバレーショーを見に行った事がありますが、
泊まったのはこの時が始めてでした。
(誤解のないように!ちゃんと服を着ている男性と女性のダンスショーです。)
スペインのホテルチェーンとあって、宿泊客はヨーロピアン中心。
ホテル滞在型派が多く、どの施設も宿泊客で賑わっていて活気がありました。
特にビーチやプールは、デッキチェア争奪戦です。
この人の多さがリゾートらしさを醸し出して雰囲気満点です。私はこういう雰囲気も好き。
お部屋は、リノベーションされたDeluxe Sweet。
バリ島でよく見かけるウッディーな客室でベッドルームとリビングルームが分かれています。
このリビングルームは、客室1室を潰して作られているので贅沢な広さです。
ヌサ・ドゥア地区ホテルの中で、また泊まりたいって思ったホテルでした。e0028811_2211015.jpge0028811_2211817.jpg










e0028811_2212649.jpge0028811_2213375.jpg









Melia Bali Villas & Spa Resort, Nusa Dua
大げさですが、ロビーからお部屋まで歩いて5分くらいかかりました。敷地が広いので迷子にならないで下さいね。

[PR]
by ngosrch | 2006-03-18 22:16 | バリ島

**ASHITABA工房**

e0028811_2155562.jpgデンパサール(トパティ?)にある「ASHITABA」工房。
「ASHITABA」は、アタという植物を使って編んだ製品を取り扱っているショップ名。ちなみに八丈島に自生するアシタバとは無関係です。

私もアタ製品愛用者、自宅のいたるところにアタ製品があります。一時期は、両親とトゥナガン村入り口にあるホールセラーさんまで行って買っていましたが、今はそこまで行く時間がないので、もっぱら「ASHITABA」派。
(最近自宅にはパンダン製品も増えていますが・・・)
きれいに編んであり完成度が高いので
多少値段が高くても「ASHITABA」で購入しています。

「ASHITABA」工房は、住宅街の中に溶け込んでいて看板がなければ民家と思い通り過ぎてしまいそうな所にあります。さらに工房は、想像していたほど大きくありません。
手作業のため、完成するまでかなりの時間がかかると思いますが、
あの従業員数から考えると本当に自社工房で作っているの~?と
ちょっと疑問に思う商品の充実ぶりでした。
作業過程を見学して、その後買い物が出来るので、デンパサールやウブドへ行くついでに
立ち寄ってもいいですね。

e0028811_21515136.jpge0028811_215207.jpg









e0028811_21521584.jpg
写真上左:これがアタ。写真下左:椰子を使い燻すことにより、ニスを塗ったような色と艶が出ます。
WORK SHOP ASHITABA BALI
Jl.Siulan No.114 Denpasar-Bali
phone:(0361)461536/464922
タクシーの運転手さんは、観光客を「ASHITABA」工房に連れて行きたがっています。ちなみに工房内の商品値段は、スミニャックなどにあるショップの値段と変わりません。

[PR]
by ngosrch | 2006-03-16 22:21 | バリ島

**コーヒーブレイク1**

3月に休みを取ってバリ島に出かけたいと企んでいた私。
しかし行くタイミングを逃したためあきらめていました。
ところが本日、目的地は違いますがジャカルタ出張の話が飛び込んできました。
順調に進めば、再来週一週間はジャカルタ滞在になりそうです。
前回より準備時間に余裕があるので、今回はしっかり準備が出来そうです。
実は私、企んでいます。ジャカルタに入る前にバリ島へ立ち寄ることを・・・。
前代未聞だからきっと却下されるでしょうね。

e0028811_21175494.jpg












フォーシーズンズ・リゾート・バリ・アット・ジンバラン・ベイのお出迎え嬢。
学校の授業が終わった後にお手伝いにやってくるそうです。
少女は観光客に慣れているので、ポーズを取ってくれます。
最初の頃は、はにかんでいたんですって。
ピンクのマニキュア・リップ・アイシャドウを塗ってお洒落していました。かわいい~。
[PR]
by ngosrch | 2006-03-15 21:58 | MSC

**オダラン準備3**

e0028811_214004.jpg職人気質雰囲気の男性。
恐る恐るカメラを向けたら照れながら姿勢を正して作業を続けてくださいました。
この写真は、ちょっと緊張気味かな。胡座に注目!

これを作っていました↓
e0028811_2140780.jpg







e0028811_21475221.jpg
最初、お隣のイブとツーショット撮影をしたら「私一人だけで撮って!」ってリクエストしたイブ。
「写真が出来たらちょうだいね」って言ったので、
住所を伺ったら「書けない・・・・」と。
文字を書かない?住所を知らない?と言うことで、
次回マヤ・ウブドに滞在した時にトレッキングの先生経由で写真を渡してもらおうと思っています。
待っててね、イブ。





e0028811_21553393.jpg
「(妊婦の)私を撮ってね」とポーズしてくれたイブ。
赤ちゃんは、もう生まれたのかしら?
クバヤがシースルーでブラの色を正々堂々と見せるところがバリらしい。
私も、オレンジピンク色のシースルークバヤ持っています(笑)。
[PR]
by ngosrch | 2006-03-13 22:05 | バリ島

**オダラン準備2**

イブは、チャナン作り。
実は私、チャナン作りを見たのは初めてだったので、うれしくて目がギラギラでした。
草木を使って器用(きよう)に器が作られていきます。熟練した手さばきです。
葉が重なるところは、木の幹をひご状に細くして針代わり留めています。
その後、器にお米やお花が飾られます。村人達の連携プレイに感心しました。
e0028811_1512771.jpge0028811_1532787.jpg









e0028811_1533737.jpge0028811_1534445.jpg
[PR]
by ngosrch | 2006-03-12 15:16 | バリ島

**オダラン準備1**

e0028811_21232781.jpgトレッキング中、オダラン準備で賑わっている寺院に立ち寄りました。
オダランは、私達が訪れた日の翌晩に
行われるとの事です。
ご招待いただいきましたが、クバヤは今回持ってきていないし、その晩は日本へ帰国するため、丁重にお断りをしました。
ああ~残念だわ。
まず、寺院手前に鳥を絞めた跡があり
羽毛が散らかっていました。
(その時から推測はしていました。)
そして準備で忙しそうな村人の中、
男の子達が座って楽しそうにおしゃべりしていて・・・。
私が、カメラを向けたらにっこり笑ってくれました。

しばらく別の人たちの作業風景を見学した後、あの男の子達を再び見かけました。
なんと・・・彼らはサテ・リリッと言う串にさしたつくね作りの当番でした。
(ここで、羽毛が散らかっていた理由が結びつきました。)
e0028811_212420100.jpg


ところで・・・
サテを焼いている道具、
何か見覚えありませんか?







e0028811_2124434.jpg
そうなんです。
恐らく、ガードレール???
もし日本で使われていた物なら・・・・
遠く離れたバリ島で
日焼け(火焼け?)して
第二の人生を送っているのですね。
[PR]
by ngosrch | 2006-03-11 21:49 | バリ島

**カンプン・カフェ**

テガラランのライステラスを訪れる前にガイドさんにお願いしてカンプンカフェへ。
スコールに遭い、雨音を聞きながらのランチでしたがそれもまた趣があってよかったかな。
私の席はライステラスは眺めませんが、目の前の緑の洪水を見るだけでも
とても気持ちがいいレストランですね。
もしカンプン・カフェがウブド中心部にあったら、
私は、ウブド滞在中毎日ランチに通ってしまうかもしれません。
e0028811_21512054.jpge0028811_21512830.jpg









Kampung Cafe
Ceking-Tegallalang, Gianyar
phone:(0361)-901201
ウブドから車で約30分かかるので、テガラランのライステラスを訪れる時にでもどうぞ。

[PR]
by ngosrch | 2006-03-09 21:56 | バリ島