***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 07月 ( 13 )   > この月の画像一覧

**バリ・アート・フェスティバル**

e0028811_20322560.jpg訪れたのは、2006年6月25日(日)。
この日の晩は、3公演あると聞いていました。私は「クルンクン県のドラマダンス」(踊りながら物語を表現する物)を観に行く予定でした。
中央のプログラム案内板で公演会場を確認したら、「クルンクン県のドラマダンス」が公演中止になっていました。気を取り直して「パプアニューギニアの踊り」会場へ。会場に着くとそこにいた関係者が「パプアニューギニアからダンサーが到着していないから今日は公演はないよ~。」とのこと。そして私はこの晩の唯一の公演である「日本人会の出し物」へ。会場は大きくないのに、在バリ島日本人やロコ見物客でいっぱい。グイグイ中に入って舞台が見える場所を確保するのに一苦労でした。  e0028811_2038429.jpg
「日本人会」の演目は、スウェントラさんのジェゴク演奏、(確か)ジャワ島からやって来た笛演奏者とのコラボレーション、日本人会の女性グループによるガムラン演奏や舞踊でした。
当初はバリ島に来て「日本人会の出し物」は避けようと思っていましたが、私のような伝統芸能素人には出演者が日本人だからより身近に感じたバリ・アート・フェスティバルでした。
[PR]
by ngosrch | 2006-07-31 20:32 | バリ島

**銀製品とガムランボール**

e0028811_17161763.jpg
1ヶ月前、バリ・アート・フェスティバルへ出かけました。
「バリ・アート・フェスティバル=伝統芸能のお披露目の場」と言うイメージがありますが、
伝統工芸も出店していました。伝統芸能の公演時間までウィンドウショッピングをしていた時に、観光客の私に銀細工を30ドルで売ろうとするお店もあるのに、良心的な値段で販売しているお店を発見!写真の銀細工のブローチとガムランボールはそれぞれ4万ルピア~5万ルピアだったと思います。ブローチは、小ぶりで直径3~3.5センチ。よく見ると細い糸のような銀でを一筆書きのように作られていてとても手が込んでいます。デザインも悪くはない。普段ジャケット着用なので現在このブローチは大活躍中です。

お店の様子
[PR]
by ngosrch | 2006-07-30 17:16 | バリ島

**サレンアグン宮殿・夜編2**

e0028811_22225772.jpgお待たせしました。続きを・・・。

タルナジャヤ(若者の踊り)
名古屋で数回観たことがあるので親しみがあります。私は勝手に「女性が舞う男踊り」と名づけていました。宝塚の男役のような凛々しさと美しさが共存しています。


e0028811_2229718.jpg
左・中央写真は、オレッタンプリリンガン(花蜂の踊り)
女性の美しさに見とれていました。男性も一緒に舞いましたが、男女は近づいては離れてを繰り返し、動きが速いので写真を取るタイミングがなかったです。残念。
e0028811_2233485.jpg上右と左写真は、トペントゥア(仮面の踊り)
公演時間は一番短かった最後の演目です。老人のお面を付けているとあって動作りはゆっくりめ。ダンサーはお面を取っても本当に老人なのかしら?以前名古屋で観たときは、老人ではなく顔色が茶色で成人男性のお面でした。40種以上のキャラクターがあるそうです。
バリ島渡航暦X回の私ですが、しっかり見たのは初めて。はまってしまいそうです。
バリ舞踊に詳しい友人は、アルマもおすすめと言っていたのでまたの機会に。
[PR]
by ngosrch | 2006-07-27 22:39 | バリ島

**サレンアグン宮殿・夜編1**

e0028811_22525666.jpg以前昼編を紹介しましたが、舞踊公演デビューしました。(ちなみに今までバリ島で鑑賞したのは、ジ・オベロイホテルで行われるディナービュッフェ&舞踊公演とプライベートビラで行われた友人の披露宴のみ。)
私が訪れた月曜日は、サダブダヤのレゴンダンス。
よく「○○舞踊団の××がいい」と言われたりしますが、舞踊団知識ゼロでこだわりがない私。ウルワツのケチャダンスだって手抜きダンサーはいるし、人気の舞踊団だって時には踊り手次第で完璧な踊りを披露することができないでしょう。私が観る時に素晴らしい踊りを披露してくれればいいのと願い、ウブド王宮へ出かけました。

More
[PR]
by ngosrch | 2006-07-23 23:19 | バリ島

**ジャワ島地震**

e0028811_22283644.jpg再びインドネシアで悲しい出来事が起きて心を痛めています。7月19日に起きたジャワ島西南沖の地震・津波でお亡くなりになられた方のご冥福をお祈りすると共に、被災地が一日も早く復興することを心より願います。
廣田緑さんのYOGYAKARTA TIMES7月21日付ブログによるとインドネシア政府は今回の地震・津波の復興のため、ジャワ島中部地震へ援助金が当初の発表内容より小規模になるそうです。予感していた通りとなりインドネシア政府にがっかりしている私です。
以前このブログで紹介した「救援パック参加のお誘い(現子供テントプロジェクト)」は、7月27日にて受け付け終了となります。
***よくばり***を通じて参加頂きました皆様
この場を借りて終了報告ならびにご協力のお礼をさせて頂きます。ありがとうございました。

2006年6月28日ボロブドゥール遺跡にて
[PR]
by ngosrch | 2006-07-22 22:15 | ジョグジャカルタ

**コンラッド バリ リゾート&スパ4**

ローカルな話題ですが
ルックJTB&ZIP-FM77.8のコラボレーション企画で、本日一日ラジオ番組で旅の紹介をしています。いくつかあるディスティネーションの中、ナビゲーター堀江美穂さんが実際にバリ島を訪れて体験したレポートを交えバリ島のビーチリゾートとウブドの魅力を紹介していました。雑誌やTVでの旅紹介はありますが、ラジオを通じてガイドさんやホテルスタッフの声、マリンスポーツやヨガ・エステの模様を音声で紹介していたのは新鮮でした。

さて、本題に戻ります。
コンラッドでは、クラブルームでの朝食もメインダイニング・SUKUレストランでのディナーもEASTバーでのアフタヌーンティーもしましたが、食べることに専念したため肝心の写真がありません。
唯一の写真は、EIGHT DGREES SOUTHレストランでのランチ。
海を見ながら水着姿で、鶏のから揚げとツナサテ付のちょっとリッチなナシゴレンを食べるのもいいかも!味は期待以上に美味しかったですよ。
e0028811_14451111.jpg


クラブルームで撮った唯一の写真
[PR]
by ngosrch | 2006-07-17 15:02 | バリ島

**コンラッド バリ リゾート&スパ3**

e0028811_2337346.jpg
リゾートリゾートした写真を一枚。
メインプールで泳いでいる人は殆どいませんでした。
さすが優雅で洗練された大人のリゾートホテルだわ。

家族旅行なら
[PR]
by ngosrch | 2006-07-14 23:52 | バリ島

**コンラッド バリ リゾート&スパ2**

e0028811_2231215.jpg部屋からの眺め 【夜】
ちなみにライトアップは12時で終了でした。
ラグーンプールは24時間遊泳OK。夜は日焼も気にせず、泳げますね。ただ、このライトアップの中泳ぐ勇気はなかったです。

e0028811_22312868.jpg部屋からの眺め 【朝】
毎朝7時くらいからプールの清掃が始まり、清掃員が直接プールに入って落ち葉などのごみを集めていました。

早朝もご覧になりますか?
[PR]
by ngosrch | 2006-07-11 22:49 | バリ島

**コンラッド バリ リゾート&スパ1**

e0028811_23551475.jpgコンラッドバリリゾート&スパは、ソフトオープンの頃覗いたことはありましたが、今回が始めての滞在でした。
ソフトオープン当時は椰子の木が「お子ちゃま」でしたが、今は「高校生?」くらいに成長していました。
お部屋は、デラックスオーシャンフロント。
一日中、心地よいシーブリーズがお部屋の中に入ってきます。
目の前は青いインド洋、眼下はラグーンプール。滞在中は、窓を開けてこの景色を眺めていました。午前中はマリンスポーツのモーター音、午後はビーチが引潮だったため静かでしたがラグーンプールで楽しむ宿泊客の声がBGMでした。絵に描いたようなリゾートホテルの雰囲気です。(最近こう言うタイプのビーチリゾートホテルに無縁だったので目がギラギラでした。)

念願の「コンラッドモンキー」は、ベッドの上にちょこんと座っていたので、一緒に日本に連れて帰りました。
e0028811_23552620.jpg
ベッド横はガラス張りのバスルーム。ブラインドを上げれば、浴槽から海が見えます。浴槽にあった「カメ」も持って帰る事が出来たんですね。
[PR]
by ngosrch | 2006-07-10 23:56 | バリ島

**ボロブドゥール3**

e0028811_21265030.jpg
2006年6月28日サンライズツアーに出かけました。
ハイアットリージェンシーホテルを朝4時に出発。5時ごろマノハラホテルに到着して、ボロブドゥール遺跡に登りました。しかしながら、バスで移動中から雨。そしてボロブドゥール遺跡頂上に着いた頃は生憎の濃霧。視界は霧で殆ど見えません。粘ること約1時間、ベストポジションを確保して待機しましたが、6時ごろには周りが明るくなりました。すでに太陽は昇ってしまったようです。私たちは諦めて降りることにしました。今まで何度か訪れましたが天候に恵まれなかったのは今回が初めてです。ついていませんね。

レリーフ見ますか?
[PR]
by ngosrch | 2006-07-09 21:56 | ジョグジャカルタ