***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

**Happy Halloween**

e0028811_2215762.jpg

ハロウィンの季節。今日はお嬢さまと一緒にハードロックカフェへランチに出かけました。
店内はハロウィンのデコレーション、スタッフやゲストの子供達も仮装していたりとハロウィンの雰囲気満点でした。
[PR]
by ngosrch | 2006-10-29 22:27 | MSC

**夏の思い出**

写真は今年夏にバリ島へ出かけたときにEOS30Dで撮ったのもの。
使用していなかった写真をまとめて写真集っぽくしてみました。
RICOH Caplio GXで撮った過去の写真も今後まとめてみたいと思います。
e0028811_1852122.jpge0028811_1852970.jpge0028811_1944536.jpge0028811_185423.jpg




e0028811_186310.jpge0028811_1861024.jpge0028811_1861668.jpge0028811_1862250.jpg




e0028811_1892615.jpge0028811_1893330.jpge0028811_1894125.jpge0028811_194615100.jpg




e0028811_18105684.jpge0028811_1811329.jpge0028811_18111176.jpge0028811_18111714.jpg




e0028811_1811239.jpge0028811_18113181.jpge0028811_18113687.jpge0028811_18114441.jpg
[PR]
by ngosrch | 2006-10-28 18:25 | バリ島

**「名作を食べる」中日新聞より**

e0028811_035961.jpg
本日、中日新聞サンデー版「名作を食べる」にてナシゴレンが紹介されていました。
名作は、池澤夏樹「花を運ぶ妹」。
麻薬密輸容疑でバリ島の警察に逮捕された兄を救うため妹がバリ島に渡り、妹・兄の視点で書かれた長編小説。物語の中でナシゴレンが登場したらしい。小説も興味深いので読んでみたいけど、この記事を書いた筆者の文章表現が気に入り、「うんうん私もそう思う」ってうなずいて読んでいた。特に『(日本にいる時はおとぎ話のようにしか感じられなかった展開も)バリの空気の中にいると「どんなことが起こってもおかしくないよね。」とすんなり受け止めれてしまえる。そんな土地だから、私もまた神の網に捕らえられたかのように何度も訪ねたくなってしまうのだ』。
小説をまだ読んでいない私も、おとぎ話のような展開はなんとなく想像出来る。
この私も、神の網に捕らえられたと言うか自ら網に入っていった一人だからねっ。
[PR]
by ngosrch | 2006-10-22 23:49 | MSC

**バリ暦カレンダー**

e0028811_1421188.jpg
カマサン・スタイルのバリ・カレンダーです。
雑な手書きと年季の入った黄ばみが気に入り、サヌールのお土産屋さんで購入しました。
お婆さんオーナーが見方を説明してくださいましたが、どれがどうだったかすっかり覚えていない私。カレンダーと言うより、カマサン・スタイルの絵画として鑑賞用に楽しんでいます。
[PR]
by ngosrch | 2006-10-21 14:25 | バリ島

**コーヒーブレイク11**

e0028811_2356513.jpg
                                          ロイヤル・ピタマハにて                      
バリ島ではまだ未経験のラフティング。
以前、オーストラリアで挑戦したことがあるのでもう充分と思っていましたが、ロイヤル・ピタマハでラフティング風景を見ていたら楽しそうだったので、次回バリ島へ訪れた時に挑戦してみたいアクティビティ候補のひとつとなりました。延期したインドネシア贅沢旅行はいつ実現できるかしら・・・。
[PR]
by ngosrch | 2006-10-14 23:55 | MSC

**クサンバ2**

e0028811_19233389.jpg**クサンバ1**で紹介したクサンバのお塩。
お塩が出来るまでを見学させてもらいました。

クサンバ村まではサヌール方面から車で1時間ちょっと。バイパスが開通して近くなりました。椰子木林の奥にはこのような真い海と青い空、そして黒い砂浜です。


e0028811_2119788.jpg午前中の作業は塩汲み。
手作業で塩浜に海水を撒きます。おじさんは体をリズム良く動かし、均等に海水を巻いていました。これにはかなりの体力が必要なはず!


e0028811_19235879.jpg午後になると太陽と潮風で水分が蒸発して、砂に塩分が付きます。表面が薄いおせんべいのようになります。


e0028811_21461281.jpgその塩分が付いた砂をかん水小屋の容器(写真奥)に入れます。その容器に海水を入れてろ過された濃い塩水がトイを通じて手前のかん水カメに流れます。そのかん水カメの濃い塩水を再び容器(写真奥)に入れてろ過して更に濃い濃度の塩水作ります。この作業を4回繰り返します。


e0028811_192466.jpgかん水は舟形槽に入れて天日干しにします。
この槽は、椰子の木の幹です。縦に切って中をくり抜いて作るそうです。
ちなみに上の写真で登場したかん水を入れるカメは椰子の木の根っこの部分です。この槽もカメも成長した椰子の木で作られているため、今では手に入ない大変貴重な物でもう何十年も前から使っているそうです。


e0028811_21201825.jpg
半日間天日に干して水分を蒸発させると塩の結晶が見えてきます。
その塩の結晶を採集します。(写真下)
この塩の結晶から落ちる水分がにがりなんですよ。


e0028811_21202712.jpg食用は、加工工場にてさらににがりを落とし、天日干しをしてゴミを念入りに除去します。

自然の恵みと人の手作業で作られたクサンバの貴重なお塩。美味しいはずですね。

ご協力
CV.Tasik Rahayu

[PR]
by ngosrch | 2006-10-09 19:31 | バリ島

**クサンバ1**

e0028811_20551667.jpg
まずは、pieces-of-baliさんがアメドのお塩を紹介されていて興味深いのでトラックバックしますね。これなしでは生きられない-- アメドのお塩 --
写真は、バリ島クサンバ村の汐汲み風景。
クサンバはサヌール方面からチャンディダサに向う途中にあるのどかな漁村で、沖に湧き出る海洋深層水と潮風や気候に恵まれた土地柄、ミネラルたっぷりの美味しい塩の産地。
知人によるとクサンバのお塩は名古屋で活躍する有名な寿司職人さんも絶賛する程です。
我が家はそんな好評価をされていることも知らず、ただただその素朴な製塩過程に惚れてバリ塩を愛用しています。夏は茹でた枝豆やとうもろこしにふりかけて、冬はしゃぶしゃぶや鍋料理の仕上げのうどんやお雑炊を食べる時の味付けとして。旨味が倍増して美味しいですよ。友人は魚塩焼きにクサンバの塩を使ったら、味音痴の旦那さんが美味しいと言ったそうです。

これがクサンバのお塩です。
[PR]
by ngosrch | 2006-10-08 21:47 | バリ島

**グランド・ハイアット・バリ**

e0028811_2235571.jpg
昨年12月と今年8月に滞在しました。
12月は4つあるビレッジ(客室棟)のうち南・東ビレッジがリノベーション中のため、リノベーション前の北・西ビレッジ側に宿泊しました。客室の水周りが少々古かった事とロービー片側とショッピングアーケードの一部がリノベーション中だった事が気になりましたが、さすがバリ島最大規模ホテル、館内施設が充実していたので「よしよし、リノベーション後のグランド・ハイアットに期待!」といった感想でした。
e0028811_22225598.jpg
8月は左写真のリノベーション後の客室に宿泊しました。ビフォーアフターの写真がないので見比べ出来ないのが残念ですが、新しいお部屋は現在バリ島内ホテルのスタンダードとなったモダンアジアスタイルのフローリングや水周り、そしてソーファーがデイベッドに変わりました。期待を裏切らずパワーアップしてくれたので大満足です。
e0028811_22435323.jpg
写真撮影はできませんでしたが、ロビー前に出来たラウンジもオススメ
宿泊しなくてもわざわざ足を運んでもいいくらい気に入りました。何がいいってオープンエアなのでシーブリーズを受けてアルコールやソフトドリンクが楽しめること、洗練されたモダンアジアスタイルのテーブルやソファ、グランドサイズの座席数かな。

上の写真は、サルサバーからの眺め。以前もこの風景紹介したことがありますが、私ここからの眺めが「これぞグランドハイアット!」って思うのです。(一人で思っているだけ。)
左上に微かに見える木々は、ヌサ・ドゥアの由来となったドゥア(2つ)あるヌサ(島)の1つ。

e0028811_23165648.jpge0028811_2317468.jpg

    
  さすがバリ島最大規模のホテル。すべてがグランドサイズです。
お部屋からロビーまで5分くらい歩いたと思います。
2回滞在してもまだ敷地内を把握していない私。次回訪れても迷子になりそう。
外出しないで一日中ホテルで遊んで食べて過ごすことが出来るからグループや家族旅行にオススメです。
[PR]
by ngosrch | 2006-10-07 22:35 | バリ島

**コーヒーブレイク10**

e0028811_1941881.jpgウィークデーは夜遅くまで仕事だったため、なかなかブログUPが出来ず久しぶりの更新です。今ごろは贅沢インドネシア旅行中だったのに・・・と思うと、せめて週末くらいは爆発したくて昨日ゴルフに出かけました。2週間連続の週末ラウンドです。
行き先は、岐阜県瑞浪市の「瑞陵ゴルフ倶楽部」。ここはお客様層がいいし、更衣室が重厚感があって好き。(ゴルフ場の良し悪しを女子更衣室で決める私。もちろん、コースも景観がきれいで中上級者向けのいいコースです。)午後の通しプレイだったので、最終ホールではこんなに影が伸びるほど日が暮れてしまいました。肝心のスコアはバンカーショットを一回で済ませれば「110」は切れたのにといったところでした。来週は「110」を切りたいわ!来週も行く気?

ゴルフよりも楽しみがありまして・・・
[PR]
by ngosrch | 2006-10-01 20:35 | MSC