***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

<   2006年 11月 ( 5 )   > この月の画像一覧

**コーヒーブレイク12**

e0028811_23554645.jpg
9月に予定していた贅沢インドネシア旅行が延期になって2ヶ月半、
ブログもお休みがち、会社と自宅の往復+たまにゴルフラウンドの日々でした。
ちょっと落ち着いたので、一年に一度の贅沢旅行に出かけます。12月にお会いしましょう。

写真:The Spa at Bali Hyatt
[PR]
by ngosrch | 2006-11-25 23:41 | MSC

**スラバヤ動物園2**

e0028811_21385610.jpg
最近モザイクを覚えたので、私の好きな一枚を紹介します。
スラバヤ動物園では、飼育員さんとオランウータンが園内を散歩していて
このような2ショットも可能なんですよ。
イスラム教徒国だったことを忘れて頭を触ってしまいました。(ご愛嬌で許してね。)

e0028811_22261725.jpge0028811_22262567.jpg
e0028811_22263280.jpge0028811_22263865.jpg
訪れた日は小学生の遠足と重なり賑わっていました。入り口前に餌付け用の人参や落花生が売られているので是非買ってお出かけくださいね。
[PR]
by ngosrch | 2006-11-21 21:48 | スラバヤ

**アマンジヲ~ボロブドゥール**

e0028811_22431744.jpge0028811_22432433.jpg
e0028811_2244041.jpge0028811_2244733.jpg
アマンジヲに滞在した際、軽い気持ちで散歩に出かけたら、道中下り坂のため足取りが軽く、いつのまにかボロブドゥール遺跡入り口マノハラ・ホテルに着いていました。
この道のりを歩く観光客はきっといないと思います。私もまさかマノハラ・ホテルまで歩くとは思ってもいなかったです。
写真は途中立ち寄った民家の風景。この辺りはたばこ栽培を営む農家が多いみたいです。
たばこの葉は道路脇にある敷地で乾燥後、家に持ち込まれ仕分け作業をしていました。
覗いていたら手招きを受け図々しくお宅訪問。作業風景を見学させてもらいました。
私はたばこを吸いませんが、乾燥したたばこ葉を持っていきなさいと帰り際に手土産までいただくおもてなしでした。(せっかくいただきましたが、そのままホテルに置いてきました。ごめんなさい。)
マノハラ・ホテルにたどり着き、アマンジヲまで戻る気力がなかった私たち。
どうしようか途方にくれた時、ベチャおじさんが「ベチャに乗らな~い?」と熱心なセールス。
「アマンジヲに帰りたいからベチャで坂道運転は無理だよ~、おじさ~ん」と断ると、
私たち2人を乗せて運転する体力があると言います。しかし合計体重100キロ以上の私たちを乗せて上り坂を漕いでもらうのはちょっと申し訳ないと思い断り続けると、今度は近所の人に借りた原付バイクに乗ってやってきました。その熱心さに負けて3人乗りノーヘル状態でアマンジヲに戻りました(笑)。その時の白バイクタクシー代は、いくらだと思いますか?
確か2万ルピアくらい払ったと思います。もちろんその時はお金は持参していなかったので、お部屋にお金を取りに戻りました。
今思えば決して安くないバイクタクシー代ですが、始めて3人乗りを体験したし、暑い中涼しい向かい風を浴びて気持ちよくホテルに戻れたのでよしとしましょう。
その後アマンジヲスタッフに聞きましたが、マノハラ・ホテルスタッフに事情を話すとアマンジヲに連絡をしてアマンカーがお迎えにやって来るそうです。それは知らなかったな。
e0028811_23402573.jpg ***おまけ***
アマンジヲ名物エレファント・サファリ。
のどかな田園風景を眺めながらの道のりは気持ちいいです。民家の子供達も「ハロー!ハロー!」と元気に出迎えてくれます。ホテル到着後の象さんへの餌付けはオススメ。
鼻先を手指のように器用に使ってフルーツを食べる姿を初めて見ました。
[PR]
by ngosrch | 2006-11-20 23:40 | ジョグジャカルタ

**メンドゥット寺院**

e0028811_222436.jpge0028811_22241538.jpg
e0028811_22245369.jpge0028811_22475568.jpg
ボロブドゥール寺院の手前3キロのところにメンドゥット寺院があります。
こちらもボロブドゥール寺院同様仏教遺跡。1834年に発見され、その後修復されましたが
まだ未完成のため、敷地内には手付かずの石ブロックがまとめられています。ここを訪れるのは初めてではないので、ここ数年はいつも同じ風景。もう何十年も前からそのまま放置され進化していないような気がします。
見どころは寺院内に安置されている釈迦如来像。
均整の取れた美しい釈迦如来像は見る価値があります。堂内は薄暗いので寺院スタッフが見学者のために釈迦如来像を懐中電灯で照らしてくれます。私も見とれてしまい、しばらく照らしてもらっていました。e0028811_2246918.jpg
もう1つの見どころは、敷地内にある巨大菩提樹。とにかく大きい。この根っ子にぶら下がってブランコをしてみたい気もしますが
近くで見ると太い樹木なのでぶら下がる気も失せてしまいます(笑)。私は、ボロブドゥール寺院を訪れた帰りに道に立ち寄ってこの木陰でアクア飲んで涼むのが好きかな。
[PR]
by ngosrch | 2006-11-17 22:09 | ジョグジャカルタ

** ジャワ王宮料理**

今日(すでに昨日?)の「旅サラダ」海外マンスリーバリ島でホテル・トゥグ・バリのディナー
ジャワ王宮料理が紹介されていました。以前、ジョグジャカルタのアマンジヲとサヌールのアヨディヤレストランで食べたことがあるので、そのお話でも・・・。

e0028811_171043.jpgアマンジヲではマカンマラムと称し(でも直訳は夜のご飯よね)、私の場合はレストランではなくmyビラの東屋を花びらとバナナリーフキャンドルをふんだんに使ったロマンティック仕様ににセッティングしてもらい、お姫さま気分でお食事をしました。(その頃は、ブログを始めるとは思っていなかったのでお見せできる写真がなくて残念です)

e0028811_1285567.jpgと言うことで、これらの写真はアヨディアレストランにて。

王宮料理の特徴は、民族衣装に身を包んだ女性が料理を一品一品、目の前でサーブしてくれることです。その様子は、まるで王族になった気分ですが、かしこまってしまいちょっと照れます。(物珍しいのでちゃっかり写真は撮りました)

e0028811_185529.jpg全部盛り付けてもらうとこんな感じです。こちらにソトアヤム(チキンスープ)とクルプック(おせんべい)とデザートが付きます。
アマンジヲでいただいたマカンマラムも殆ど一緒の内容です。
お味はあっさりめ。美味しい?と聞かれたら、美味しくもなく不味くもなくが感想です。
ガムラン生演奏と共にジャワ舞踊・バリ舞踊を観ながら優雅にお食事が出来るところがお勧め
e0028811_191838.jpgな点かな。
舞踊終了後は、写真撮影も快く受けてくださいました。
サービス精神旺盛でしょ。

Ayodya
Jl.By Pass Ngurah Rai No.102XX,Sanur, Bali
phone:(0361)-286818
open: 18:00-23:00 無休
銅鑼を鳴らして出迎えてくれます!

[PR]
by ngosrch | 2006-11-12 01:15 | バリ島