***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

**北海道スイーツのお気に入り**

e0028811_13461672.jpge0028811_1346241.jpg
私、北海道スイーツには目がないのです。今回の北海道旅行もスイーツの入った大きな紙袋を両手に抱えて帰宅したほどです。名古屋のデパートで開催される北海道物産展で必ずと言っていいほど午前中に完売するロイズのポテトチップチョコレートにめぐり合えたのは大きな収穫でした。
以前紹介したニーマンマーカスのチョコレートポテトチップスが、薄めのクッキーにチョコレートコーティングされたようなリッチなお菓子と言った感想でしたが、ロイズのポテトチップチョコレートはポテトチップスとチョコレートを同時に食べると言う不思議な組み合わせ体験でした。塩味の効いた厚めギザギザポテトチップスの片面にチョコレートがしっかりコーティングされていて、口の中でどちらの素材もしっかり活かされます。この不思議な組み合わせも悪くないですね、素直に美味しいと思いました。
[PR]
by ngosrch | 2007-02-25 13:57 | 北海道

**望楼NOGUCHI2**

e0028811_17573175.jpge0028811_18483574.jpg
旅館らしくない入り口・木製の自動扉が開くと細くて薄暗いアプローチを抜けフロントへ進みます。そのアプローチ横の広いスペースに飾られていた大きなオブジェ。彫刻家五十嵐威暢(たけのぶ)氏の作品「KOMOREBI」です。暗闇い中に輝く白いオブジェと映し出される影が素敵でもあり不思議な空間でした。
e0028811_17594598.jpge0028811_17595184.jpg
こちらは、ソフトドリンクが無料でいただける「ラウンジKOMOREBI」。白一色の広い空間だったので、浴衣姿や裟無衣姿でくつろぐのも違和感があるし、ガツガツ飲んだりするタイプではないのでただ覗いただけです。壁に飾られた照明で表示される時計がおしゃれでした。
ロビーお隣にあるバーも写真を撮っただけ。ガラス越しに見える雪景色は車さえなければ感じはいいのにと思いました。
e0028811_17595956.jpge0028811_180589.jpg
オーナー野口氏が読んだ本を並べた「のぐち文庫」。写真集や建築関係の書籍が多かったと思います。私はというと・・・ここで新聞を読んでいました。
写真右は、セレクトショップ。従業員が付けていたので気になっていた腕時計やお部屋にあったミルやタイ産ナチュラルスキンケアプランド「THANN」のアメニティクッズなどが販売されていました。
e0028811_18494380.jpgお料理の写真は食べることに徹していたため残念ながらありません。お食事は、個室レストランで地元の食材をふんだんに取り入れた美味しいお料理を少しづつ戴くという感じで、量もちょうどいいくらいでした。わさびとお醤油で食べる白老牛ステーキが絶品でした。
大浴場は露天風呂とサウナもあり、サウナ好きの私としては大満足。帰宅してからも硫黄の香りが肌からほんのり香っていました。

望楼NOGUCHI登別
北海道登別市登別温泉町200番地1
phone:0143-84-3939
新千歳空港・札幌駅と旅館を結ぶ無料のシャトルバスがあるので便利です。
スタッフは若く、サービス精神旺盛の感じのいい方ばかりでした。大人のふたり(男と女)にオススメです。

[PR]
by ngosrch | 2007-02-24 18:11 | 北海道

**望楼NOGUCHI1**

e0028811_21245129.jpg

宿泊先は、高品質高単価の和モダン旅館「望楼NOGUCHI登別」。
ターゲットは大人の男女(ふたり)らしいですが、女性2人旅の私たちは浮いていたかな。
e0028811_21551614.jpge0028811_2155979.jpg
お部屋は、NOGUCHIの中ではボトムのカテゴリー、ジュニアスイート。
それでも50㎡あり、ベッドルーム+リビングルーム+源泉かけ流しの展望風呂付です。
展望風呂は、大人4人が一緒に入ることが出来そうなほど広かったです。なによりも、客室にあるから好きな時に「ざぶーん」出来るのがいい。ベッドも寝心地がとてもよく、目覚ましが鳴るまで一度も起きなかった程です。
e0028811_21554748.jpge0028811_21555970.jpg
上層階にアサインされたので景色もそこそこきれいでした。
リビングルームは、ご覧のとおり開放感のある空間。最近流行りのモダンな新築住宅でくつろいでいるような気分でした。
e0028811_21571277.jpge0028811_21572034.jpg
お部屋には、全室高速LAN、DVDデッキ設置、カウンターにはコーヒーメーカー&ミル、ティーパック、ティーポット、おつまみ、冷蔵庫内にはフリードリンクが用意されていたりと、お部屋でおこもりできるような環境が十分揃っていました。ちなみに冷蔵庫内のビールも無料でしたが、私たちは札幌で購入したスイーツと自分達で入れたコーヒーで宴会のため、ビールは飲みませんでした。
[PR]
by ngosrch | 2007-02-21 21:24 | 北海道

**北海道大学散策**

e0028811_217798.jpgアカデミックな気分に気分に浸りたくて北海道大学を散策しました。
北海道大学は小学5年生の夏休みに家族旅行で訪れて以来の訪問です。何も知らない当時は北大へ進学したいと思っていました。その後受験を体験しない甘い道の方へ進んでしまいましたが・・・。
実は私、ポプラ並木が一部崩壊したことを、昨年11月にこの地を訪れた友人からを聞くまで知りませんでした。
この北大ポプラ並木は、平成16年9月8日上陸した台風18号の強風により半数近くのポプラが崩壊してしまい、現在修復再生に向けた取り組みが行われています。写真手前の若木ポプラが確認できますか?こちらも現在再生中です。小学生当時訪れた時に見た絵葉書のワンシーンのような美しい景観に戻るまで、あと十数年かかるそうです。
e0028811_2172954.jpge0028811_2172244.jpg
そして、ポプラ並木のお隣には、旧5千円札の肖像で知られる「新渡戸稲造」像がひっそりと立っていました。(像ですが、肩に雪がかかって寒そうでした。)
写真右の胸像は、ウィリアム・スミス・クラーク、札幌農学校(現北海道大学)初代教頭です。あまりにも有名なあの名言、「BOYS, BE AMBITIOUS!(少年よ、大志を抱け!)」のクラーク博士です。
e0028811_22174559.jpgこちらは、明治後期に建設された古河記念講堂。ルネッサンス様式の美しい木造建物だったのでついつい写真を撮りました。
北海道大学までは、JR札幌駅北口から徒歩5分の道のり。
大学ですが、観光客も気軽に訪れることが出来て、公園の様に緑も多く小川も流れて、オススメの散策コースです。
[PR]
by ngosrch | 2007-02-19 21:19 | 北海道

**さっぽろ雪まつり2**

e0028811_2131577.jpg雪祭りを訪れたのは、2月11日(日)。
この日は曇り時々晴れ。
雪まつり初体験の私は、まずはさっぽろテレビ塔の展望台へ上がり、大通り会場を天空から一望しました。
雪まつりの影響でしょうか、テレビ塔3Fで展望エレベーター順番待ちのために30分弱並びました。写真は、地上90.38メートルにそびえる展望台からの大通り会場公園の様子。テレビ塔を拠点に札幌市資料館までの間に、雪像・氷像が185基建ち並んでいます。心配されていた暖冬による雪不足ですが、ご覧のとおりです。これは、例年より雪が少ない方なのでしょうか。私は、雪まつり初体験なのでよくわからないのです。最終日にあたる翌日は、雪に恵まれ一面銀世界でした。
雪像の大きさは大中小ありますが、大雪像はダイナミックで芸術的でした。 写真は、テレビ塔前広場にある中雪像「ようこe0028811_21305360.jpgそさっぽろ雪まつりへ」。第58回さっぽろ雪まつりシンボルキャラクター「小雪ちゃん&雪丸くん」と仲間達です。サッポロ平岸高校の生徒が、授業の一環として製作した作品です。丁寧に作られた作品だなと思いました。と言うのも、市民参加の小雪像の中には、「???」と感じた作品(皆も思っているだろうな・・・あの作品)がありましたので。e0028811_2131199.jpg
夜になり、夕食がてらすすきの会場へ。
こちらは、すすきのを横断する駅前通りが歩行者天国となり氷像が100基が並んでいました。夜間は、氷彫刻がライトアップされてすすきののネオン街に溶け込み幻想的でした。すすきの会場は来場者も参加型の祭典だったのでより親しみがわきました。

すすきのの飲食店で知り合った地元の方に「雪まつりのために、はるばる本州からやってきたの~?」ってびっくりされてしまいましたが、この季節に一度は訪れてみたいと思っていたので大満足しています。
それに暖冬の今冬、初めての冬らしい体験も出来ましたし・・・。
[PR]
by ngosrch | 2007-02-15 21:32 | 北海道

**さっぽろ雪まつり1**

e0028811_2040052.jpg
         ***連休を利用して北海道旅行に出かけていました。***
写真は、昨日まで開催されていた第58回さっぽろ雪まつり 大通り会場 大雪像 「神秘大陸 南国の生き物たち」
[PR]
by ngosrch | 2007-02-13 20:42 | 北海道

**ミライ&ケント**

e0028811_1625557.jpg

私はキラキラ輝く小物に目がない。
以前バリ島で宿泊したホテルのブティックで、私好みのビーズバックを購入しました。
ちょっとだけアンテプリマのビーズバック調でいいでしょう?(お値段はバリ島では高めだけど、アンテプリマよりはるかにリーズナブル。)
現在は、このビーズバックとジュエリーポーチは私の旅のお供となっています。

e0028811_1626898.jpgMirai&Kento
Pertokoan Citra Bali Blok 28
Jl.By Pass Ngurah Rai, Tuban, Bali
phone: (0361)702794
空港からヌサ・ドゥア方面へ向うバイパス沿いです。
ジ・アリッツ(ホテル)内にも支店があります。
ビーズバック以外の衣類や小物も私好みのカワイイ品揃え。 
[PR]
by ngosrch | 2007-02-04 16:27 | バリ島