***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

**ザ・カヤナ3**

e0028811_2026229.jpg

「鉄は熱いうちに打て」 記憶が定かなうちに更新です。
ザ・カヤナの敷地はあまり広くありません。うなぎの寝床のように間口が狭く奥行きがあります。
間口はちょうどフロントの写真プラス数メートルと思ってくださいね。写真(上)の小道両側に客室ビラ、レストラン、スパが立ち並んでいます。母は滞在2日目に敷地があまり広くないことに気づいたくらいで、圧迫感は感じませんでした。
e0028811_20264830.jpgこちらは、メインプールとレストラン。レストラン前にプールがありますが、私が滞在中、泳いでいるゲストはもちろんのこと日光浴をしているゲストも見かけませんでした。ここで水着姿になるのはちょっと勇気が要るかも。朝食やアフタヌーンティーをこちらのレストランで取りましたが、あまりいい写真がないためお食事紹介は割愛させていただきますね。
e0028811_20272024.jpgザ・カヤナのパッケージ(3泊)は、60分マッサージが付いていましたが2人分のみ。このマッサージは両親にプレゼントして、私は有料でシロダーラ30分とマッサージ60分がセットになった「Best of Ayurveda」を受けました。アユルヴェーダ初体験の私。トリートメント後、オイルをたらした「第三の目」辺りの肌は少しくぼんでいました。見てわかるような変化はないのですが、心が落ち着いたことは確かです。ホテル併設スパのわりに、リーズナブルな価格設定と力&心のこもった(?)マッサージが気に入りました。

3回にわたったザ・カヤナの紹介もこれでおしまい。
私にとっては、久しぶりのビラ体験、父は初めて、母は2度目の体験です。家族旅行の場合は、大型ホテルでの滞在を選択していましたが、たまにはビラでこじんまり過ごすのもいいですね。ただ、父親は、「人で賑わっているリゾートリゾートした雰囲気=バリ島のホテル」と思っている人なので、フロントがテーブル1つしかないこと、レストランやプールで宿泊客と会わないことなどを不思議がっていました。そう言う発見をしなくなった私は、父の発想が新鮮でした。
写真下はラフティング出発前に朝食を取っているngosrch両親登場です。
準備中から着席して、黙って見つめていて少し緊張気味ですね(笑)。
e0028811_20283012.jpge0028811_20275145.jpg

[PR]
by ngosrch | 2008-01-23 20:29 | バリ島

**ザ・カヤナ2**

e0028811_20115981.jpg

e0028811_20122572.jpgお部屋のカテゴリーはDeluxe Villa。eメールで予約担当者に打診をした時に、2ベッドビラ希望と伝えましたがno choicでDeluxe Villa+エキストラベッドとなりました。日中はビラでのんびりすることなく出歩いていたので、今思えばDeluxe Villaで正解でした。ビラは、フロントの近く、レストラン手前の803号室(写真左)。アクセスは便利でした。
e0028811_2012505.jpgヴィラ内は決して広くありません。ベッドルーム、東屋、プールが敷地内にコンパクトに収まっているという感じ。写真を撮っていて思ったことは、写真一枚に収まりきれない。広角レンズを持っていないので、うまく写真が撮れず、何枚か掲載しなくてはビラ良さが表現できません。滞在中、(写真手前の)東屋は、朝食、アフタヌーンティ、喫煙所として大活躍の場所でした。
e0028811_2014445.jpgベッドルームは、ブラインド付の3面ガラス張り。こういうビラに宿泊するのは初めての私たち親子。最初は抵抗ありましたが、知らないうちに違和感がなくなっていました。写真はエキストラベッドでくつろいでNHKを見ているngosrch父親の足。このベッドルームの後ろ側にダブルシンク、その奥にトイレ・バスタブ・シャワーがあります。シンプル&モダンな作りです。
e0028811_201516.jpg冷蔵庫の中の飲み物(ワイン2本を除く)をはじめ、ミニバー内のコーヒー・紅茶・スナック菓子は無料でした。
話は変わりますが、ザ・カヤナのベッドシーツ、タオル、スパのトリートメント時に羽織ったガウンまで、同一のいい香りがしました。同じものが欲しくなったのでバトラーさんにどの柔軟剤を使っているのか聞けばよかったと後悔しています。
e0028811_20165256.jpge0028811_201772.jpg

[PR]
by ngosrch | 2008-01-18 20:17 | バリ島

**ザ・カヤナ1**

e0028811_1646312.jpg

帰国数日後から体調不良となり、木曜日に病院へ行ったところ、大事となってしまいました。
約一週間後に検査結果がわかりますが、今はただ胃腸風邪であることを祈るばかりです。
バリ島をバリ島であることを忘れ日本と同じ生活を送っていたことを反省しています。

さて本題へ。
今回滞在したのは、昨年3月にオープンしたクロボカン地区にあるザ・カヤナです。
両親(主に母)のリクエストは、今まで滞在したことがない地区。
べノア、ヌサドゥア、ジンバラン、ウブド、サヌール地区のホテルはすでに滞在しているので、残すはクタから北上したエリア。さらにお正月バリ島旅行が決定したのはクリスマス休暇後。こんな条件で「るるぶ」と夜間ネットをフル活用して、予約が完了したのは12月28日でした。私が打診したいくつかのホテル・ビラは、案の定どこも満室でした。
当初は満室ですとお断りのメールをいただきましたが、「滞在者の延泊がなくなりお部屋がご用意できます」と早速教えてくださったザ・カヤナ様。数日間で何度かメールのやり取りをしたザ・カヤナのご予約担当者様、本当にありがとう!

e0028811_17371233.jpg空港からザ・カヤナまでは、ホテルのドライバーさんがお出迎え。車内ではウエルカムボックスを一人一つ、プレゼントされます。りんごと甘いビーナッツと冷たいアクアが入っています。お膝の上に置いていただきました。
ビンタンマーケットで携帯電話のリチャージをして、ホテルに着く頃にはすっかり暗くなっていました。
素敵にライトアップされたフロントにてスタッフが出迎えてくれました。
[PR]
by ngosrch | 2008-01-13 16:46 | バリ島

**party is over**

e0028811_1114280.jpg

昨日バリ島より帰国しました。
約10ヶ月ぶりに訪れて、「バリ島は日々進化している」と改めて実感しました。
タイトなスケジュールとあいにくの天気だったため、ご紹介できる写真は少ないですが
今後UPしていきますね。



写真は、デンパサール空港にて出迎えのドライバーさんを待っている間に・・・。
カメラを取り出したら湿度の違いでレンズが曇ってしまい、画像下辺りが白くなってしまいました。
デンパサール空港は、非制限区域内の拡張が進みましたね。
帰国の際、出国審査後にグッチ・バリー・コーチブテッィクが登場したのはびっくり。

[PR]
by ngosrch | 2008-01-06 11:15 | バリ島