***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

***ホテルサンティカ・チレボン***

e0028811_212503.jpg

チレボンで宿泊するならNO CHOICEでホテルサンティカ・チレボンでしょうね。
by 同行のバリ人友人&日本人友人
他のホテルを見たわけではないけど、チレボンではここが一番星が多めとのこと。
チレボン駅には専用ラウンジがあり、駅-ホテル間の送迎付き、ホテルの造りはオランダ・コロニアル様式調なのでリゾート気分に浸れます。私は、グリーンに囲まれたロビーのソファーに座っている時間が好きでした。
星が多めと言いながらも客室はシンプルです。シャワーのみですが、お掃除は行き届き清潔感がありました。バリ島に比べると、宿泊費やランドリー代はリーズナブルでした。

Hotel Santika CIREBON
JL.Dr. wahiden No.32 Cirebon
phone(0231)200570
fax (0231)200482
チレボン駅からホテルまでは車で約5分弱。
写真はエントランス。奥に見えるカウンターがレセプションです。
ご参考までに・・・
ランドリー5点出してRpP70,785でした

[PR]
by ngosrch | 2008-05-25 21:03 | チレボン

***チレボンエクスプレス2***

e0028811_0172728.jpg


約3時間(実際は、3時間半以上かかったような気がします)の列車旅を楽しみ、チレボン駅に到着しました。チレボン駅には列車到着時間に合わせて待ち構えているポーターやトランスポート勧誘の人でいっぱいでした。(トランスポートはタクシーなのかべチャなのか不明)
数年前に訪れたロンボク島のマタラム空港の光景を思い出しました。
私たちは、雑踏とは無縁のホテル専用ラウンジで運転手が迎えに来るまでお茶をしていました。

写真はチレボン駅構内にあるサンティカホテル専用ラウンジ入り口。
ラウンジ内はオランダコロニアル様式調です。

[PR]
by ngosrch | 2008-05-16 00:18 | チレボン

***チレボンエクスプレス1***

e0028811_1825467.jpg

2月に訪れたバティックの産地チレボンの話を少し・・・。
チレボンを訪れた理由はズバリ・・・バティック購入。
ジャワ島内にバテッィク名産地はいくつか点在していますが、私好みの甘口テイストのバテッィクは、チレボンかプカロンガンが産地です。
今回は多額の現金を持っているため、写真撮影はお預け。とにかく全神経をチレボンまでの移動に集中(ちょっと大袈裟?)。だってスリに遭いたくないんだもん。ちなみに我師匠は、現金を腹巻に隠していました。ということで数少ない写真から・・・。

私たちは、ジャカルタからチレボンまでチレボンエクスプレスという列車で移動しました。
写真下左が、タイムテーブル。ジャカルタ・ガンビール駅11:00発の予定でしたが列車は1時間半遅れでやって来ました。遅れた理由は案内されませんでしたが、訪れる数日前までジャカルタは洪水だったのでその影響でしょうか?
写真下右は、列車を待っている間に撮ったガンビール駅のプラットホーム。
訪れた時間帯は、あまり人がいなかったので活気もなく静かな駅でした。
ジャカルタからチレボンまでは、約3時間。途中いくつかの駅に止まります。
運賃は、エグゼクティフクラス(ヴじゃなくてフがポイントです笑)片道で65,000ルピアです。

e0028811_18173633.jpge0028811_1865999.jpg
e0028811_18125116.jpg各駅停車ごとに物売り(お土産菓子や新聞雑誌)が客室内にやってきました。もし、チレボンエクスプレスにファーストクラスがあったら次回からはファーストクラスにしたいな。だって帰国後インドネシア人の知り合いに「チレボンエクスプレス乗ったよ」って言ったら驚かれたくらいですから。。。


[PR]
by ngosrch | 2008-05-11 18:07 | チレボン

***good bye Osaka***

e0028811_21272371.jpg

約一年間の大阪生活を終え、再び名古屋に戻りました。
4月に入り公私とも多忙な毎日、GW中に名古屋に戻りましたが忙しさはエンドレス、
ブログ更新がなかなかできませんでした。
週末アップのみとなりそうですが、再びブログ更新始めますねっ。

写真は梅田スカイビル。ウェスティンホテル大阪に滞在した時に訪れてみました。
いろいろな意味で・・・楽しかったな大阪生活・・・。

[PR]
by ngosrch | 2008-05-10 21:33 | MSC