***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧

***工房巡り後記***

e0028811_20243611.jpg

写真は布が集まる問屋さんAsofaにて。
ジルバブ(ほっかむり)でおしゃれが楽しめるのですね。でもマネキンの顔は怖いです・・・。

憧れのバティックの産地、チレボンを訪れて・・・。
日本の田舎に来たような町並みと人々のやさしさがどこか懐かしく感じた町でした。
昔の田舎ってご飯の時間になったら「ご飯食べてきなさい」って言ってくれたような気がするし、帰るときはお土産を持たせてくれたでしょ。←私が小さい頃、母方の親戚がそうでした。
工房経営者達も儲けようオーラを発しない=近づきすぎず離れすぎずの対応なので、バティックをじっくり吟味することができたし、とにかくやさしくて良心的。
あまり商売っ気がないので心配して「どうして日本やバリ島に積極的にプロモーション活動しないの?」と聞くと、「行かなくてもお客様はチレボンまで来てくれるのよ」と言います。
確かにそうだ、「これは日本の○○からのオーダーで作っているのよ」とか「これは○○人からオーダーなんだけどもう何年も取りに来ていないのよ」とか言って目がハートマークになりそうな手の込んだ素敵なバティックを見せてもらいましたから。
私自身もチレボンを訪れてみて、クオリティの高いバティックを求めてわざわざチレボンまで足を運ぶ価値はあると思ったのは事実。
しかしサラリーマンの身、そんなに頻繁にチレボンを訪れることは出来ません。
もし機会があったら次回は更なる大金を持ってバティック工房巡りをしてみたいです。

もっと写真見ますか?
[PR]
by ngosrch | 2008-08-31 20:24 | チレボン

***M工房4***


e0028811_16533311.jpg
再びチレボン話を。
M工房弟を訪れた後、布が集まる問屋さんでばらまき様お土産を購入して、M工房妹へ。
ここは、日本人好みの淡い色使いのバッティックがそろっていました。すでに訪れた工房で15枚以上購入してバティック資金が底をついたため、型押しバテッィク1枚と手書き高額バティック1枚しか購入できませんでした。お金があったら日本の何某高額バティック屋さんで売られているような高額バティックをまとめ買いしたかったです・・・。次回チレボンに行く時は、もっとお金を用意しよう・・・。
e0028811_16305796.jpgこちらでも長時間にわたりお店にいたため、買物が終わったのはすでに夕食の時間。M工房妹さんは、「よかったら夕食を食べていってね」とおっしゃってくださりお言葉に甘えることになりました。サテ カンビン。山羊肉のサテです。いろいろな部位が串に刺さっていて、

e0028811_16315077.jpg味付けがいいから本当に美味しい。写真にはサテもテンペもお豆腐も少ししかのせていませんが、その後たくさんおかわりしました。M工房妹さんに「若いからもっと食べなさい」って言われましたが、私のことをいったい何歳だと思っているのだろう(笑)。


[PR]
by ngosrch | 2008-08-30 16:38 | チレボン

***アリラ・ジャカルタ2***

e0028811_22232660.jpg

前回に続き、アリラ・ジャカルタの紹介でも。
しかしすでに6ヶ月も経っているので記憶が薄れています。
お部屋のカテゴリーはスタンダードだったと思います。とにかくシンプル&モダン。
以前宿泊したパークハイアット・ソウルをリーズナブル&カジュアルにした感じで、居心地は良かったです。e0028811_22241995.jpg
チェックイン後、友人はマンガドゥアへショッピング。私はマンガドゥアは興味が無いので、ホテル内でスパトリートメントを受けることに。
ボディとフェイシャルがパッケージになっている4時間コース(確か?)を受けました。
トリートメントルームは今までインドネシアで受けた中で一番広いお部屋、担当者は心のこもった対応で施術技術も◎。以前より薄々感じていましたが、ジャカルタのスパ事情はバリ島並みに魅力的かもしれない。お値段はホテル併設のスパなのにあまり高くなく、割引もありましたがTAX込みで572,000ルピアでした。
驚いたことは、アリラ・ジャカルタ1泊1室分がこのリーズナブルなスパトリートメントよりさらに安かったことでした。マンガドゥアから帰ってきた友人には、宿泊代より高いエステを受けてると言われましたが、私の感覚が麻痺しているのでしょうか、客室もスパもコストパフォーマンスがいいホテルでした。次回ジャカルタに行くことがあったらまた利用したいです。
[PR]
by ngosrch | 2008-08-24 22:24 | ジャカルタ

***ごあいさつ***

e0028811_165333100.jpg

暑中お見舞い申し上げます。
日々の忙しさを理由にブログはお休み中でした。
写真は、先月友人の結婚式で訪れたバリ島、タナロット寺院にて。
天気に恵まれたタナロット寺院を見たのは何年ぶりでしょう。(逆にサンセット時に雲が少なくて空がピンク色に染まりませんでした。)
バリ島は名古屋より涼しくすごしやすかったです。
[PR]
by ngosrch | 2008-08-10 17:06 | MSC