***よくばり***

ngosrch.exblog.jp
ブログトップ

タグ:cirebon**msc** ( 3 ) タグの人気記事

***トゥルスミ***

e0028811_22175294.jpg
チレボンのバティック工房が集まるエリア、トゥルスミにて。
夕方になると通勤通学帰りのベチャやバイク、自転車で道路がいっぱいになるんです。
写真を撮った時間帯はお昼過ぎなのでまだ交通量が少ないです。
インドネシアでは移動に車を使うため、めったに町歩きしない私ですが、トゥルスミでは地図を片手に町歩きをしました。
[PR]
by ngosrch | 2009-12-20 22:25 | チレボン

***チレボンエクスプレス2***

e0028811_0172728.jpg


約3時間(実際は、3時間半以上かかったような気がします)の列車旅を楽しみ、チレボン駅に到着しました。チレボン駅には列車到着時間に合わせて待ち構えているポーターやトランスポート勧誘の人でいっぱいでした。(トランスポートはタクシーなのかべチャなのか不明)
数年前に訪れたロンボク島のマタラム空港の光景を思い出しました。
私たちは、雑踏とは無縁のホテル専用ラウンジで運転手が迎えに来るまでお茶をしていました。

写真はチレボン駅構内にあるサンティカホテル専用ラウンジ入り口。
ラウンジ内はオランダコロニアル様式調です。

[PR]
by ngosrch | 2008-05-16 00:18 | チレボン

***チレボンエクスプレス1***

e0028811_1825467.jpg

2月に訪れたバティックの産地チレボンの話を少し・・・。
チレボンを訪れた理由はズバリ・・・バティック購入。
ジャワ島内にバテッィク名産地はいくつか点在していますが、私好みの甘口テイストのバテッィクは、チレボンかプカロンガンが産地です。
今回は多額の現金を持っているため、写真撮影はお預け。とにかく全神経をチレボンまでの移動に集中(ちょっと大袈裟?)。だってスリに遭いたくないんだもん。ちなみに我師匠は、現金を腹巻に隠していました。ということで数少ない写真から・・・。

私たちは、ジャカルタからチレボンまでチレボンエクスプレスという列車で移動しました。
写真下左が、タイムテーブル。ジャカルタ・ガンビール駅11:00発の予定でしたが列車は1時間半遅れでやって来ました。遅れた理由は案内されませんでしたが、訪れる数日前までジャカルタは洪水だったのでその影響でしょうか?
写真下右は、列車を待っている間に撮ったガンビール駅のプラットホーム。
訪れた時間帯は、あまり人がいなかったので活気もなく静かな駅でした。
ジャカルタからチレボンまでは、約3時間。途中いくつかの駅に止まります。
運賃は、エグゼクティフクラス(ヴじゃなくてフがポイントです笑)片道で65,000ルピアです。

e0028811_18173633.jpge0028811_1865999.jpg
e0028811_18125116.jpg各駅停車ごとに物売り(お土産菓子や新聞雑誌)が客室内にやってきました。もし、チレボンエクスプレスにファーストクラスがあったら次回からはファーストクラスにしたいな。だって帰国後インドネシア人の知り合いに「チレボンエクスプレス乗ったよ」って言ったら驚かれたくらいですから。。。


[PR]
by ngosrch | 2008-05-11 18:07 | チレボン